詳細







色とりどりのチューリップ

武蔵野を代表する昭和記念公園では、色とりどりのチューリップ が咲いて、春本番を感じさせてくれています。
今年からは「こどもの森」に加え、植え付けが渓流広場まで拡大され、徐々に花が開いていきます。
(4/7現在 渓流広場 : 5部咲き)。

きつかった今年の花粉がピークアウトするのもあと僅か。
桜に続くチューリップを昭和記念公園の散策で楽しんだ後、
カフェドパリのおいしいランチが皆さんをお待ちしています。

昭和記念公園では6月1日まで、
「開園25周年記念 フラワーフェスティバル2008」
が開催されています。

昭和記念公園のご案内はこちら
カフェドパリのおいしいランチのご案内はこちら

今年のGW(4/25-5/6)も、駅の南北ペデストリアンデッキ上にハンギングバスケットによる花飾りが計画されています。

立川ワシントンホテルは「花のあるまち立川」を応援しています。


≫過去のNews&Topics一覧に戻る

 

このウィンドウを閉じる -